2010年01月21日

「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)

 離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子と推定する民法の規定により、女児の出生届を受理しなかったのは法の下の平等を定める憲法に違反するとして、岡山県の女性が同県総社市と国に計330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、岡山地裁であり、古賀輝郎裁判長は請求を棄却した。

 法務省は平成19年、離婚後の妊娠を証明すれば300日以内の出産でも現夫の子として出生を受理するよう通達を出した。しかし、女性は離婚前の妊娠だったため、救済措置の対象にならず、「妊娠時期で一律に区別するのは不合理な差別で違憲」として昨年1月、提訴した。

 訴状によると、女性は前夫から暴力を受けて20年3月に離婚。同11月に女児を出産し現夫の子として出生届を提出したが、受理されず女児の戸籍を得られなかった。その後、現夫と女児の親子関係を確認する認知調停が成立し、女児の出生届は昨年2月に受理された。

たき火不注意で書類送検=山林火災に−宮城県警(時事通信)
<読売テレビ>「鳥人間コンテスト」7月再開(毎日新聞)
芥川賞は該当作なし(産経新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)
日米同盟深化が肝要=自衛隊幹部に訓示−鳩山首相(時事通信)
posted by 天道小林 at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。