2010年01月20日

東京招致に改めて意欲=長崎市断念の20年五輪−石原都知事(時事通信)

 東京都の石原慎太郎知事は15日の記者会見で、長崎市が広島市との共同開催を目指していた2020年夏季五輪の招致を断念したことについて、「長崎は財政規模からいってなかなか大変だと思いましたからね」と述べた。その上で、広島市に一部競技を分散させる形での東京招致について、「唯一の被爆国である日本で象徴的な都市を組み込んで五輪が行われたら、(五輪)憲章の理念からいっても大変結構なことじゃないかと思う」と述べ、改めて実現に意欲を示した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
米大統領との対面実現に期待=五輪では長崎との一体感強調
法改正で認定制度見直しへ=原爆症訴訟原告らと初協議
外国と中小支援ファンド=新銀行再建にも有効
二重被爆の山口彊氏死去=非核訴え、国内外で活動

コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)
政府、61法案を提出予定=子ども手当、高校無償化(時事通信)
社長のバラバラ遺体捨てる 容疑の元組幹部ら逮捕 神奈川県警(産経新聞)
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か(J-CASTニュース)
posted by 天道小林 at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。