2010年05月12日

被爆者、NY40か所で「黒い雨」など体験語る(読売新聞)

 【ニューヨーク=岡田浩幸】核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせて訪米中の日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表団の被爆者たちが、1日(日本時間2日)から5日(同6日)にかけて、ニューヨークの学校や教会など約40か所で被爆体験を語った。

 「今も生存者を苦しめる核兵器は、廃絶するしかない」。市民の力が国際社会を動かす力になると懸命に訴える被爆者らの声に、学生らはじっと耳を傾けた。

 ニューヨーク市立大ラガーディア校では5日、中村雄子さん(78)(神奈川県平塚市)と田村良夫さん(68)(同県座間市)が学生ら130人を前に、65年前の広島でのできごとを話した。

 爆心地から約2キロにいた中村さんは全身にガラス片が刺さり、放射性物質を含む「黒い雨」を浴びた状況を説明。原爆詩人・峠三吉の作品「にんげんをかえせ」を英語で朗読した。

 3歳で被爆した田村さんは犠牲者を悼んで「アメージンググレース」を尺八で演奏、「世界から核兵器をなくすため一緒に取り組みましょう」と呼びかけた。

 大学生カルロス・ルイスさん(32)は「2人の言葉は力強かった。世界はもっとヒロシマを知り、行動すべきだ」と話していた。

 代表団は主な活動を5日で終え、多くは7日に帰国。一部の被爆者は体験証言を続け、NPT再検討会議に出席する各国代表を訪ねて核廃絶に向けた取り組みを求める。

タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
大岡裁きの出番かも…逃走クジャクに飼い主2人(読売新聞)
空き家物置に女性遺体=死体遺棄で捜査−静岡県警(時事通信)
posted by 天道小林 at 17:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。