2010年02月26日

同居人殴り、死亡させる 傷害致死容疑で無職男を逮捕(産経新聞)

 同居していた母親の内縁の夫を殴って死亡させたとして、警視庁城東署は、傷害致死の疑いで東京都江東区大島の無職、中川淳容疑者(38)を逮捕した。同署によると、中川容疑者は「(同居人に)『家でごろごろしやがって』といわれて頭に来た。ちょっとやり過ぎた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、23日未明ごろ、自宅マンションで母親(58)の内縁の夫でパチンコ店従業員、坂部勝則さん(64)の顔面を殴るなどし、死亡させたとしている。

 同署によると、中川容疑者は坂部さん、母親と3人で同居していた。23日は坂部さんと母親が帰宅した後、中川容疑者と坂部さんが口論から殴り合いとなったという。坂部さんはその後就寝したが、午前10時ごろに起こしに行った母親が、ベッドの中で冷たくなっているのを発見、119番した。坂部さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 母親は「夫が酒を飲んで帰宅すると、息子とたびたびけんかになった」と話しているという。

 同署は司法解剖を行い、死因を詳しく調べる。

【関連記事】
恋人の暴力や待ち伏せ どうすれば…
ホテルで女性死亡 身柄確保の男「首を絞めた」
衰弱の聖香さんを何度も殴打 西淀川女児死体遺棄 
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望
若者の心理をつく“マルチのカリスマ”らの巧妙手口

「春の兆し」…きさらぎの雪、都心で9回目(読売新聞)
未承認薬12品目の開発に国費投入へ―厚労省検討会議(医療介護CBニュース)
名護市長が鳩山首相と会談 普天間飛行場の辺野古移設、反対を強調(産経新聞)
児童13人が異臭で病院搬送=全員軽症、ストーブが原因か−埼玉(時事通信)
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
posted by 天道小林 at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。