2010年01月17日

<競馬>JRA最多…9頭落馬、6人が重軽傷 中山競馬場(毎日新聞)

 日本中央競馬会(JRA)の中山競馬場(千葉県船橋市)で開催された11日の第4レースで、最終コーナーを先頭で走っていた三浦皇成(こうせい)騎手(美浦・フリー)騎乗のノボプロジェクト(牡3歳)が急に外側へ斜行し、併走していた馬に接触した。この馬が転倒し、後続馬8頭が次々と衝突して計9頭が転倒・落馬した。

 この事故で、昨年のJRA最多勝の内田博幸騎手=美浦・嶋田潤厩舎(きゅうしゃ)=が腕の骨を折るなど計6人が重軽傷を負った。JRAによると、過去最多だった77年の7頭落馬以来、33年ぶりの記録更新。

 このレースは新馬による1800メートルのダートで、16頭立て。午前11時20分に発走し、レース自体は、失格となったノボプロジェクトを除く残り6頭で着順が確定して払い戻され、単勝1番人気が1着となったため、波乱はなかった。JRAは三浦騎手を16〜24日の間、騎乗停止処分にした。【西浦久雄】

【関連ニュース】
競馬:ドリームジャーニーがV…単勝2番人気 有馬記念
ボクシング:元高校王者の原隆二が入門…競馬学校退学し
笠松競馬:存続決まる 一部地主との訴訟和解 岐阜
競馬:内田博幸、全国最多勝騎手に…今年の全レース終了
ほしのあき:三浦皇成騎乗「ホシーノちゃんで勝って」 警官姿で映画「板尾創路の脱獄王」

<訃報>有馬侃さん81歳=洋画家、日展参与(毎日新聞)
「大阪人権センター」移転 4月にも 耐震問題、民間ビルへ(産経新聞)
芥川賞は該当作なし(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】名護市長選ルポ(下)結果注視の宜野湾市民(産経新聞)
日米安保 米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)
posted by 天道小林 at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。